カメラHow to

一眼レフカメラ選び

投稿日:

今回の記事は、カメラの選び方についてです。

思い返せば2017年6月に初めての一眼レフカメラを購入した時、どれがいいのか悩みました。

「カメラはどれが最適なのか、レンズ種類多すぎ、F値って何?」

みたいな状態からスタートしました。

今回はそういった実体験を交えながらカメラ選びについて解説していきます。

 

どのカメラ、どのレンズがいいのか…

これから初めてカメラを購入しようと思っている人にとっての悩み事は、

  • どのメーカーがいいのか
  • メーカーは決まったけど、どの機種がいいのか
  • レンズはどうしたらいいのか

ではないかと思います。

選ぶのも楽しみの1つと今となっては思いますが、最初は混乱するばかりですよね。

カメラメーカーについて

キャノン、ニコン、オリンパス、ソニー、フジフィルムetc.

挙げればきりがない程、カメラメーカーはたくさんあります。

昔は、「人を撮るならキャノン」「風景ならニコン」的な事を言われてた時代もあったようですが、この令和の時代においてはキャノンに撮れてニコンに撮れない写真はありません。

違いを強いて挙げれば、色彩です。

例えばファッションブランドによって同じ赤でも微妙に色合いが違うようなことだと思ってください。

この辺りの違いについては、実際に売り場に行って試しに撮ってみるのが一番分かりやすいかと思います。

ちなみに私は迷うことなくキャノンにしました。今もキャノンです。

理由は、カメラといえばキャノンというイメージが強かったからです。

オススメのカメラメーカーについて

ズバリ…

  • キャノン
  • ニコン

です。

理由は、圧倒的に有名だからです。

「なんだそんな理由か」と思った人も読むのをやめずにもう少し読んでください。しっかりとした理由が2つあります。

 

1.中古品が豊富

なぜなら、圧倒的に有名だからです。裏を返せばそれだけの品数が売れているということです。

品数が売れているということは、それだけ中古品が世の中に溢れているということです。

初めて購入される方からすれば、一眼レフカメラは安い買い物ではないですよね。

出来る限り費用は抑えたいところ。そして、機能面などがいまいちよく分かっていない状態での購入となると思うので、そういう面でも費用は抑えたいところですよね。

となれば、新品を買うもの良いとはいいますが中古での購入からのスタートでもいいと思います。

 

2.カメラ友達とレンズのやり取りがしやすい

次は、カメラ友達とレンズのやり取りがしやすいという点についてお話しします。

これも圧倒的に有名なことと繋がります。
この点は、意外と重要だったりします。

例えば、動物園や野球観戦のように遠い場所を撮影したい場合はある程度の望遠機能を持つレンズが必要になってきます。この時にお金がある人は思い切って買うのも1つの手なのかも知れませんが、物によっては10万円近い費用が掛かってくるようなレンズもあります。
もし、カメラ友達がこれから撮りに行く環境に適したレンズを持っていたらどうでしょうか。借りれる物なら借りたいですよね?

しかし、自分がキャノンでカメラ友達がオリンパスだった場合はカメラ本体とレンズが適合しません。という事は、借りることがそもそも意味をなさなくなります。

キャノンとニコンのような主要メーカーを使用している場合の方が、適合の可能性が高まります。

このようなシチュエーションが起きる可能性もあるので、自分の周囲の人達がどんなカメラメーカーを使っているか聞いてみるのがオススメです。

※各メーカーを越えて装着可能となるマウントアダプター等もありますが、これから写真を始めたい人向けの記事となっている為、説明は省かせてもらいます。

-カメラHow to

Copyright© ブログ スタジオ タニモト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.