カメラHow to

イルミネーション 撮影

投稿日:

秋になり紅葉シーズンが過ぎ去っていくと、街中にはイルミネーションが輝きます。

カメラ好きがカメラを置く季節はありません(笑)

この記事を書いているのは11月ですが、一足先にイルミネーションの撮影方法を記事にしました。

イルミネーションは街路樹のような近くにあるものから、テーマパークのような広大な敷地にあるものまで様々です。

そんな時、一眼レフカメラやミラーレスを始めとするカメラを持っていると、イルミネーションをより綺麗に撮りたいと思うものです。

イルミネーションをより一層、綺麗に撮影出来る方法を記事にしました。

1.フィルターを使う

フィルターの紹介

昔に比べるとスマホでもイルミネーションは綺麗に撮影できるようになりました。しかし、それでも一眼レフの方が工夫がしやすいです。

例えば、大阪・梅田のドイツクリスマスマーケットで撮影した写真を見てみましょう。

このように、フィルターを通すと光から閃光を出して撮影する事で幻想的な写真になります。このフィルターは「クロスフィルター」という名前で販売されています。閃光の数やレンズ幅に応じてフィルターが用意されています。こちらのような商品がクロスフィルターです。

 

2.背景をボカす

更にフィルター無しでも背景を綺麗な玉のようにぼかす事も出来ます。これを「玉ボケ」といいます。

こちらも大阪・梅田のドイツクリスマスマーケットで撮影した写真です。

シャシン

 

背景が綺麗な玉になっていますよね。

レンズによっても綺麗な玉になったりならなかったり、玉の加減であったりが好みによって違ったりするのでInstagram等で自分が好きなレンズを見つけてください。

3.イルミネーション×ポートレート

もし、誰かと一緒にイルミネーションを見に行ったりするなら知っておいてほしい知識。

イルミネーションの近くに立たせてポートレート(人物写真)を撮る時は、白いイルミネーションの近くで撮影すべし!

イルミネーションには様々な色が施されています。その中で青系のイルミネーションでポートレートを撮ると、青系の光が顔にあたる為、顔色が悪く暗い印象になってしまいます。

必ず白いイルミネーションの近くで撮影です。

寒いので、防寒対策も忘れずに。カメラを撮る時に便利な手袋があります。こちらも紹介しておきます。

-カメラHow to

Copyright© ブログ スタジオ タニモト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.