カメラHow to

ISOってなあに?

投稿日:

ISO、いそ、イソ、アイエスオー…等々

様々な表記をする「ISO」とはについて解説します。

ISOとは

ISO(International Organization for Standardization)

です。

直訳すると、「国際的標準機構」となります。

読み方は、イソ・アイエスオーどちらでもカメラやっている人には通じます。どっちで言っても間違っていません。

では、機能面的にはどういう事なのかというと

ずばり、感度です。

感度って何?実際に見せる方が早いので以下を見てください。

 

画像

画像

画像

どうでしょうか?

ISOの数字が低ければ暗く、ISOの数字が高ければ明るく撮影されているのが見て取れると思います。

普段の設定はこうしておけばOK

初心者の皆さん向けに分かりやすく表記しておきます。

  • ISO100=外で晴天
  • ISO800=外で薄暗い天気
  • ISO1600以上=夜間

これでひとまずは、しっかりと光が足りた写真になるでしょう。

 

ワンポイントアドバイス

夜間時にISO100で撮れば、真っ暗に映る事が多いと思います。

逆に夜間時にISOを10000で撮れば、昼間のように映す事も出来ます。

上記は基本的に両方とも失敗した写真です。

「失敗写真を狙って撮る」事が出来れば、カメラの上達になります。

失敗した写真を削除する前に撮影データの設定を見てから削除をおすすめします。

-カメラHow to

Copyright© ブログ スタジオ タニモト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.